三重県で賃貸お部屋探し

アパート賃貸会社一覧 > 放下着、引越しで知る「私物の多さ」
放下着、引越しで知る「私物の多さ」

「放下着(ほうげじゃく)」という言葉がありますが、これは「いつまでも無用なものに執着せずに、時には思い切って手放すことも大切」というものです。引越しの際の私物の梱包は、まさに放下着によいきっかけなのです。
引越しに当たって大変なことは、荷物の梱包作業です。しかし、それ以前に大変なことは、「物がありすぎて、どれが必要なのか不要なのかわからない」という判断です。
「気がつけば、私物を詰め込んだダンボールが見積もり以上に一杯に」などという記憶を持つ人は、きっと私だけではないでしょう。
「あれもこれも、また後で必要になるから」と言って溜め込んでおいた私物の数々は、想像を遥かに上回っています。
人生のうちで私物の仕分けができる機会は、年末の大掃除と引越しであると言えます。「大掃除で片付けたつもりになっていたのに、どうしてこんなにも私の部屋には物が多いのだろう?」と辟易すること数日、最早それが物なのかゴミなのかわからなくなってしまいます。
引越しは、新しいスタートを切るためのものです。「多分使うかもしれない不要物」に対する放下着の精神が必要になることを思い知らされます。

お役立ち情報一覧

Copyright ©  三重県で賃貸お部屋探し All Rights Reserved.